天気予報

33

24

みん経トピックス

高砂の生花店が刷新葛飾・亀有駅前書店のアート

葛飾で「キャプテン翼カップ」 サッカーの魅力で人と地域のつながりを

葛飾で「キャプテン翼カップ」 サッカーの魅力で人と地域のつながりを

やるからには「ガチンコ」と宣言した北澤豪さん

写真を拡大 地図を拡大

 葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場(葛飾区奥戸7)で1月9日~10日、U-12ジュニアサッカー大会「キャプテン翼CUPかつしか2016」が行われた。主催は葛飾区、葛飾区教育委員会。

キャプテン翼原作者「高橋陽一」さんと葛飾区長「青木克徳」さんの南葛ゴールデンコンビ

 開催両日は晴天に恵まれ、人工芝のグラウンドには関東近郊の少年サッカー選手たちの元気いっぱいの声が響き渡った。

 メーンとなるU-12(12歳以下)のサッカー大会以外にも「少年サッカー交流会」、漫画キャプテン翼の南葛VS明和を模した「有名人サッカーチーム VS リアル南葛SC」によるエキシビションマッチ、「キャプテン翼ゆかりの地物産展」も行われ、来場者を楽しませた。

 サッカー元日本代表の中田浩二さんの「やるからには本気です」というあいさつから「キャプテン翼大好き」の発声でスタートした少年サッカー交流会では、中田さん以外にも「キャプテン翼大好き有名人」として招待された、サッカー元日本代表の山田卓也さん、鈴木隆行さん、元Jリーガーの小針清允さん、佐伯直哉さん、千葉直樹さん、アーティスト(スキマスイッチ)の常田真太郎さん、お笑い芸人のスギ。さんらの面々が積極的にミニゲームに参加した。

 サッカー元日本代表選手が少年サッカー選手に翻弄(ほんろう)される姿や、プロならではのリフティングテクニックが披露されたほか、お笑い芸人ならではのサッカーギャグも披露され、会場の笑いを誘った。

 各ブロックを回る総合MCの井上マーさんからの感想を求められた千葉さんは「スギ。さんと2人でてんてこ舞いなので助っ人が欲しい」とコメント。ゲームに参加した少年が「楽しい」と大声で叫ぶ声が会場中に響いた。

 エキシビションマッチには地元修徳高校出身でもあるサッカー元日本代表の北澤豪さんやサプライズゲストとして浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)の梅崎司さんも参加。オープニングには大会アンバサダーを務める、キャプテン翼原作者の高橋陽一さんと葛飾区長、青木克徳さんの「南葛ゴールデンコンビ」と称したコンビプレーも披露された。

 キャプテン翼で南葛SCのライバルとして登場する明和FCのユニホームで現れた北澤さんは「(南葛SC)倒しちゃっていいんですよね」と相手を挑発。「やるからにはガチンコ」と意気込みを見せる反面、梅崎さんは会場に来た理由について、「キャプつばが大好きだから」と少年のような顔をのぞかせた。

北澤さんの公言通り、エキシビションマッチでは選手同士の激しいぶつかり合いが続いたが、試合を生中継していたコミュニティーFM「かつしかエフエム」では、試合の実況も兼任していたMCによる「北澤からマラドーナへパスがつながった」という現実味に欠ける実況コメントも流れたが、「本当にふざけていません」と自身のコメントをフォローした。

 結果は1対1の引き分け。サッカー界をけん引した選手たちと互角に戦った南葛SCに対し、客席からは「南葛強い」という声も。

 同大会は「大宮アルディージャ ジュニア」の優勝で幕を閉じた。閉会のあいさつで、高橋さんは「たくさんの選手たちの素晴らしいプレーを見せてもらい幸せでした。本当にありがとうございました」とあいさつ。「サッカーボール1つでこれだけの人が集まり、いろいろな事にサッカーがつながっていく。夢のサッカー専用スタジアム建設を目指してこれからも頑張るので応援してください」と呼び掛けた。

 同大会は今後も継続的に続けていく予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング