天気予報

28

21

みん経トピックス

四つ木でアニメコラボカフェおもちゃアイデアコンテスト

西新小岩に猫専用アパートの不動産店-ノウハウ提供で中古物件再生

  • 0
西新小岩に猫専用アパートの不動産店-ノウハウ提供で中古物件再生

「necoto」外観

写真を拡大 地図を拡大

 西新小岩に11月17日、[暮らしを彩る]不動産業「クラシヲ」(葛飾区西新小岩4、TEL 03-5875-7212)がオープンした。

オーナーの杉浦さん

 同社は、ペット共生型賃貸住宅のプランニングや、賃貸物件リノベーション企画・コンサル、賃貸不動産の企画・運営、宅地建物取引などを行う。

社長の杉浦雅弘さんはペット可物件に思い入れがあり、1棟まるごと猫専用アパートとしてリノベーションした「necoto」(千葉県市川市)を所有する。同物件は、「ペット可物件の多くが犬向け」ということに気づいた杉浦さんが、「猫と共生する」ことにテーマに改修したもの。室内には、収納棚型キャットウォークや爪とぎ対応の強化壁などを備え、猫と飼い主が心地よく暮らすことを第一に設計されている。同物件が好評だったため、2号館となる物件を区内で探している最中という。同物件以外にも、よりすぐりのペット可物件の紹介も行っている。

 杉浦さんは大手・中堅不動産企業で27年間経験を積み、中古物件の大規模改修やリノベーションを手がけた。その経験を生かし、「50年以上住み続けてきた区内の空き家や中古物件を再生したい」と意気込む。一般的に、中古物件は築年数とともに商品価値が目減りするため、家賃の低下に悩んでいる家主は多い。杉浦さんは物件の立地やエリアの特徴を踏まえた上で、猫好き、自転車好き、音楽好きなどターゲットを絞った改修を行うことで物件の魅力を上げることができると考えている。例えば、料理学校の近くに「料理」をテーマにしたシェアハウスをオープンしたり、サイクリストの多い荒川河川敷沿いに「自転車好き」にターゲットを絞った賃貸住宅を運営したりすることを考案している。

 「住む人の暮らしをイメージした住宅を提供することは、住む人、貸す人双方にメリットが大きい。共通の趣味をもつ人が集まるので、住民同士の環境も良好になりやすい。気に入れば長く住んでもらえるので、家賃収入も安定する」と杉浦さん。家主の懸念材料になりがちな「ペットが家を痛めるのでは」「匂いがつくのでは」といった悩みを解決するノウハウも提供するそう。「大規模な改修をしなくても、ちょっとした工夫の積み重ねでほかと差別化することができる。空き家や家賃の低下で悩んでいる人は、まずは相談してほしい」とも。

 杉浦さんのライフワークは「ペットとの共生を目指す家作り」という。「隠れて犬猫を飼っている人や、近隣住民とのトラブルで悩んでいる人は多い。借り手が見つからなくて悩んでいる家主も同様に不幸。彼らを結びつけることでお互いがハッピーになるような物件を増やしていきたい」と意欲を見せる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング