天気予報

23

16

みん経トピックス

ロベルトのサングラス発売手軽にチョコバナナを製造

柴又のアロマセラピーサロンで「ココハレ市」 女性作家らワークショップも

  • 0
柴又のアロマセラピーサロンで「ココハレ市」 女性作家らワークショップも

ハンドメード品を集めたイベント

写真を拡大 地図を拡大

 葛飾区柴又のアロマセラピーサロン「Clear Sky(クリアスカイ)」(葛飾区柴又1)で5月29日、「ココハレ市」が開催された。

イヤリング制作中

 通常は、完全予約制のアロマトリートメントを行っている同店。不定期イベントとして、同市を開催しており、ハンドメード品の販売と、手作り体験ワークショップを行っている。出店者は、主に区内で活動する布小物作家yuuruさん、編み物作作家crayonさん、折り紙講師の仲沢美沙さん、消しゴムはんこ作家ミネキクさん、アロマセラピスト島崎尚美さんの5人で、全員小中学生の母親。今回で5回目を数える。

 始まりの経緯について、主催者で同店の島崎尚美さんは「自店の場所を知ってもらいたいと思い始めた」と話す。「何かイベントを、と思っていたときに、布小物作家yuuruさんと知り合い、手作り市をやってみようという流れになった」という。「親子が一緒に楽しめる場所」を目指し、毎回子どもから大人まで楽しめるワークショップを多数そろえている。進学の季節には、入園・入学グッズを。雨の多い季節には、雨にまつわるワークショップを行うなど、毎回工夫を凝らしている。「ココハレ市」というネーミングは、「ココロ、晴れ晴れ」という意味。訪れた人が、楽しく、晴れ晴れとした気持ちになれるように、出店者が名付けた。回を重ねるごとに、リピーターも付いて来た。

 この日は、あいにくの雨。ワークショップ「梅雨時の除菌に効果的な、お掃除アロマパウダー・スプレー」や「レジンで作るペンダントヘッド」「折り紙で作る、ハーブ入りサシェ」「消しゴムはんこで手ぬぐい作り」などが行われ、大人も子どもも、手作り体験を楽しんでいた。編み物作家のCrayonさんは、小さく編んだ花やチョウのモチーフとビーズを選び、その場でピアス・イヤリングに仕立てるサービスも。ワンコインの「アロマ肩トリートメント」も人気だった。

 参加者は「いろいろなワークショップをお手頃価格で楽しめるのがうれしい」と話した。

次回は、夏休みに開催予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング