天気予報

14

7

みん経トピックス

東京理科大、葛飾移転決定「タイヤの日」キャンペーン

亀有の居酒屋がペナントレース開幕フェア-野球ファンの取り込み狙う

  • 0
亀有の居酒屋がペナントレース開幕フェア-野球ファンの取り込み狙う

渡辺さんと照山さん。尊敬する野球選手はヤンキースの松井選手とのこと。

写真を拡大 地図を拡大

 亀有の居酒屋「和今旬菜 季き」(葛飾区亀有4、TEL 03-5680-5503)は4月3日から始まるセ・パ両リーグのペナントレース開幕を記念して、フェアを行う。

 同店はカウンター席と座敷、2人用の個室などを合わせて計24席。客単価は3,000円。和食を中心とした創作料理や、比内地鶏を使った鶏料理など中心で、駅から10分程度と距離はあるが、30代のカップルや単身客などで賑わっている。

 フェア期間中、刺身の3点盛りと生ビールのセットを980円で提供する。またコース予約で4人以上の利用客には焼酎「緋緞(ビダン)」1本をサービスするなど、団体客の集客も狙う。

 同店の渡辺さんは「ワールドベースボールクラシックの連覇などで再び野球が注目されるようになった。野球好きの2人がやっている店舗なので、何か応援できるもことがないかと企画した。これをきっかけに野球ファンと交流ができれば」とを話す。

 今回のペナントレースの見どころについて、同店の照山さんは「広島の栗原選手と楽天の田中選手に注目したい。近年はセ・リーグだけでなくパ・リーグも非常に面白い部分がある」とし、「野球はさまざまなことを教わるスポーツ。今後も野球世代の人間としてより野球の良さを居酒屋から発信していきたい」と熱意を見せる。

営業時間は、昼=11時30分~14時、夜=17時~24時。水曜定休。フェアは5日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング