天気予報

29

24

みん経トピックス

柴又に地元念願の宿泊施設葛飾の銭湯に毒蝮三太夫さん

柴又に寅さんを見送るさくら 「お兄ちゃん、もう寂しくないよ」倍賞千恵子さんも喜び

  • 0
柴又に寅さんを見送るさくら 「お兄ちゃん、もう寂しくないよ」倍賞千恵子さんも喜び

寅さんとさくらが18年目の再開

写真を拡大 地図を拡大

 京成金町線柴又駅前広場(葛飾区柴又4)に3月25日、映画「男はつらいよ」の主人公、車寅次郎(寅さん)の妹、さくらの等身大銅像「見送るさくら」が建立され、除幕式が行われた。

見送るさくらを挟んで山田洋二さん(左)、倍賞千恵子さん(右)

 除幕式には同作の山田洋次監督、さくら役を演じた倍賞千恵子さんも出席。同所はお祝いに訪れた観客で埋め尽くされた。

 葛飾区観光協会会長の齊藤勝治さんは「倍賞さん、山田監督、葛飾区長へ相談し、皆さんから『やりましょう』という熱い言葉をいただいてから、この日を待ち望んでいた」と話す。1999年に故郷を振り返る寅さんの銅像(フーテンの寅像)が設置された当時を振り返り、「寅さん一人の旅立ちはつらいだろうと思っていたが、ようやく『さくら』の像ができて感激している」とも。

 自身が演じた役の像を前にした倍賞さんは「自分ではなく妹がいるような感じがしているし、自分の分身がいるようでとても感動している」と笑顔を見せる。2年前に初めて銅像の話を聞いた時は「え、私まだ生きているのに」とも思ったが、「これは倍賞千恵子ではなく、諏訪さくらなんだよ」という山田さんの言葉に「じゃあ、どうぞ」と駄じゃれ交じりに経緯を話した。

 山田監督は、自身の映画作品の舞台となった地へ「いつまでも古い街並みや文化が続く街であってほしい。柴又に来る人は古い街並みに期待して来るので、生活は不便になるかもしれないが、街並みを守ってくださればうれしい」とお願いした。「さくらの像は寅さんの像ができた時から造ってほしかった。寅さんの像と対の銅像になるので、皆さん目に収めてほしい」と喜びを話す。

 倍賞さんが「雨の日でも、風の日でも、雪の日でも、寅さんとさくらはここにいる。対の銅像を見に来て」と呼び掛けると、観客から「さくら、ありがとう」という声が上がった。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング