見る・遊ぶ 学ぶ・知る

寅さん記念館で25周年記念イベント 映画25作目のロケ地・沖縄とのコラボ

寅さん記念館スタッフの皆さん

寅さん記念館スタッフの皆さん

  • 1

  •  

 葛飾柴又寅さん記念館(葛飾区柴又6)で7月28日、開館25周年企画が始まった。

「寅さん記念館25周年イベント」ポスター

[広告]

 映画「男はつらいよ」の舞台である柴又に1997(平成9)年に完成した同館。館内は映画の舞台となった昭和期の柴又が再現され、主人公・車寅次郎が映画で着用した衣装や、松竹大船撮影所(神奈川県鎌倉市)から移設された「くるまや」「朝日印刷所」のセットなどが展示されている。2020年10月には延べ来館者500万人を記録するなど、葛飾区内でも人気の観光施設となっている。

 同館は今年11月に開館25周年を迎えるに当たり、映画25作目「男はつらいよ 寅次郎ハイビスの花」にちなんだ企画を実施。同作のポスターをリサイズしたポスターカードを入館者限定で先着8000人に進呈するほか、併設するカフェ「TORAsan cafe」では沖縄をイメージした「社長さんのタコライス」(1,100円)、「フルーツスムージー」(パイン・マンゴー・レモン各550円)、「黒糖ゼリー」(660円)なども提供する。

 8月27日には中庭で、「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」の無料上映会を開く予定。先着50人に整理券を配る。

 企画を担当する同館の和田裕子さんは「期間中、かつしか観光大使『寅チッチ』のグリーティングイベントや、寅チッチなどのキャラクターをモチーフにしたガチャガチャの設置も行う。寅さんを知っている人はもちろん、小さな子どもたちにも来館してほしい」と呼びかける。

 入館料は、大人=500円、シニア=400円、小中学生=300円。9月11日まで。

葛経ラジオ
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース