天気予報

23

13

みん経トピックス

立石で「安心安全フェア」亀有の雪まつりに両さん登場

両さんの誕生日に地元児童らがお祝い-設定では「35歳前後」

  • 0
両さんの誕生日に地元児童らがお祝い-設定では「35歳前後」

あの星を目指せ両さん像と同じポーズをする女児たち

写真を拡大

 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公キャラクター「両津勘吉(=両さん)」が3月3日、誕生日を迎えた。

 両津勘吉は東京都台東区千束の生まれ。現在は警視庁新葛飾警察署地域課に所属し、亀有公園前派出所に勤務しているという設定。同派出所のモデルとされている亀有北口交番(葛飾区亀有5)は、漫画の舞台を一目見ようと観光客が訪れる観光スポットになっている。

 誕生日当日の3日は、地元小学生の子を持つ母親らの呼び掛けで10人ほどの児童が駅前に集合。昨年出来上がった両津勘吉の着ぐるみと一緒に、2006年11月に完成した「両津勘吉祭り姿像」に折り紙で作ったレイなどをかけた。児童らは両さん像と一緒に商店街を回り、地元のヒーローである両さんの誕生日と町の活性化をピーアールした。

 この後一行は亀有香取神社(葛飾区亀有3)へ向かい、「少年よ、あの星を目指せ両さん像」の前神社職員や参拝客、巫女などが集まって同じポーズをとって記念撮影。記念撮影時には、地元のカフェ「nagicafe+」(亀有3)で作られた特製バースデーケーキが用意された。

 連載当初は昭和18(1943)年生まれと設定されていたが、近年では「35歳前後」と設定されている両さん。今回のイベントで生年月日を知った地元の主婦は「年齢が増えないのはうらやましい。街のヒーローがどんどん年を取るよりもいつも元気で人気のある両さんが一番。今後も亀有や葛飾を『こち亀』のパワーでピーアールしてほしい」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング