天気予報

27

19

みん経トピックス

亀有でギガケバブチャレンジ「あぶ刑事」のミニカー発売

東京理科大で「葛飾地区理大祭」 学園パーク型キャンパス生かし、地域住民も出店

  • 0
東京理科大で「葛飾地区理大祭」 学園パーク型キャンパス生かし、地域住民も出店

昨年のサイエンス夢工房の様子

写真を拡大 地図を拡大

 東京理科大学葛飾キャンパス(葛飾区新宿6)で11月21日・22日、第三回葛飾地区理大祭開催が開催される。

図書館へと続くキャンパスモール

 同キャンパスは、門や囲いがなく、どこからでも入ることのできる「学園パーク型キャンパス」と呼ばれ、食堂やカフェ、芝生の広場、図書館は地域の人にも多く利用されている。学園祭では、こうした特徴を生かした「パーク型学園祭」をコンセプトに、公園のように誰でも気軽に入場し楽しめる企画が多数行われる。

 当日は、理系大学ならではのサイエンス夢工房をはじめ、学生の出店する屋台、漫才コンテスト、クイズを解きながらキャンパス内を探検するクイズラリー、学生や地域の中高生による音楽やダンス、手話などのステージ発表、フリーマーケットなどを展開する。

 フリーマーケットは学園祭1日目に食堂の2階で行われ、地域住民がブースを出す、学生と区民との交流の場を目指した企画。現在ブース出店者をホームページで募集している。2日目には、リユース市が行われ、来場者から使わなくなった物などを譲ってもらい、無料で配布する。

 サイエンス夢工房は、昨年も行われた人気企画で、学生や近隣の中高生が公開実験を行う。昨年は、自分が動いたように画面の中のキャラクターが動くバーチャルリアリティーを体感するものや、トンボ玉作りなどを展開。理系大学ならではの企画で、科学の楽しさや、大学で行われている研究に触れることのできる貴重な場となっている。

 学園祭実行委員長の松井司さんは「今年で完結する学園祭にはしたくない。毎年新しい企画を行って楽しんでもらい、何十年も愛される学園祭を目指していきたい。昨年来場した人も、まだ来たことがない人も、ぜひ気軽に足を運び、そして楽しんでもらいたい」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング