天気予報

12

2

みん経トピックス

作曲家が映画で監督主演わんぱく相撲葛飾区大会

葛飾・水元でフットサルフェスティバル フットサルの魅力伝える一日

  • 0
葛飾・水元でフットサルフェスティバル フットサルの魅力伝える一日

フウガドールすみだの「清水和也」さん

写真を拡大 地図を拡大

 葛飾区水元総合スポーツセンター(東京都葛飾区1)で5月21日、南葛フットサルフェスティバル collaboration withフウガドールが行われた。

クリニックに集まった少年サッカー選手

 同イベントは墨田区に拠点を置く、日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟しているチーム「フウガドールすみだ」を葛飾に招き、地元葛飾のフットサルチーム「南葛SCマレパラーダ」との公開練習試合をはじめ、少年クリニックなどを行うことでフットサルの魅力を存分に知ってもらおうと企画されたもの。

 南葛SCマレパラーダの監督・古川将士さんは公開練習試合での大敗に苦い顔を浮かべながら「大勢の観客がいる前での結果で、チームや選手が良い反省材料とするのは難しいが、今後の課題として一つ一つの細かいところを見つめ直していかないといけない。準備不足という点も否めないが、ごまかしたプレーをするとこうなってしまう」と話す。

 フットサルの少年クリニックでは、60人の参加者を前に、フウガドールすみだの清水和也さんが軽快なMCで子どもたちを沸かせた。

 コート全体を常に走り回りつつ、「シッポとりゲーム」「ドリブルリレー」などのゲーム感覚で楽しめる練習や、最後に行われた参加者混合チームによるゲームでは、ボールを複数個使用するといった内容で参加したサッカー少年だけでなく、時には大人も交じって一緒にサッカーを楽しみ、汗を流した。

 1時間のクリニックを終えた清水さんは「今度も夢を持って練習してほしい。『楽しむ』『負けない』気持ちを持って頑張って下さい。近い将来、サッカーのピッチで会えたらうれしい」と子どもたちにエールを送った。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング