天気予報

21

11

みん経トピックス

葛飾区浴場組合がHP開設葛飾でネット確定申告体験

亀有に防災コミュニティースペース「Ema-Ima」 緊急事態に今、備えを

亀有に防災コミュニティースペース「Ema-Ima」 緊急事態に今、備えを

Ema-Ima(えまいま)お披露目会のチラシ

写真を拡大 地図を拡大

 亀有に2月12日、防災コミュニティースペース「Ema-Ima(えまいま)」(葛飾区亀有4)が2月12日にオープンする。

Ema-Ima(えまいま)に集まった面々

 「Emergencyに今(Ima)備える」という意味から「Ema-Ima」と名付けられた同所。災害に対する備えで最も大切なことが日頃の「人と人のつながり」と考え、地域の人が集まって防災の話し合いをするだけではなく、地域の職能を持つ人による教室やワークショップの開講、イベントの開催を行うことにより、自然な形で人のつながりを築くことを目的に運用する。

 同所運営担当の谷優香さんは「防災というキーワードで多世代が交流できる場所づくりをしたい。例えば、ここに集まった人たちが劇団のように、演劇で防災について表現するのも面白いと思う」と話す。

 オープン初日は「お披露目会」としてオープニングイベントが行われる。当日は同所の説明会以外に、防災ワークショップ、PCN東京によるキッズ向けプログラミング教室、「nail salon The Rose Tiffany」による子どもと母親向けのネイル体験、イラストレーター吉田恵さんの似顔絵イラストコーナーなどを展開する。開催時間は12時~15時。入場無料。

 同所の使用は会員制で、料金は月4回使用コース=1万円、月5回使用コース=1万8,000円。会員が主催するイベントへの参加は会員登録不要。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング