食べる 見る・遊ぶ

葛飾・高砂で「高砂音楽祭」 バンド演奏と葛飾産地ビールでにぎわう

ステージに立つ「minne_muu」

ステージに立つ「minne_muu」

  • 23

  •  

 「第14回高砂音楽祭(通称=高砂ウッドストック)」が10月29日、高砂北公園(葛飾区高砂4)で行われた。

「高砂音楽祭」で葛飾産地ビールを販売する「きちブルーイング」

[広告]

 同イベントは「葛飾を代表する音楽祭を開き、高砂の知名度を上げ、商店街を活性化する」ことを目的に、2008(平成20)年に第1回を開催。一時はコロナ禍で中止を余儀なくされたが、昨年、3年ぶりに開催。今回も快晴に恵まれ、大勢の来場者でにぎわいを見せた。

 メインステージでは約30組の応募の中から選ばれた9組のアーティストの演奏が行われた。昨年に続いての出場となった「Two D's」「ザ・ボノボンズ」をはじめ、地元出身ボーカルの「minne_muu」、葛飾商業高校軽音楽部のメンバーで構成された「Rabbit」、シンガー・ソングライター「風戸京」らが会場を盛り上げた。

 今年は「音楽×地ビール」をテーマに、例年以上に飲食を楽しめるイベントとして開催。フードやドリンクの出店に加え、葛飾初のビール醸造所「きちブルーイング」(堀切2)が初出店。今回の音楽祭のために仕込んだたる生ビール「フェスビール」は当日だけで約500杯を売り上げた。店主の羽鳥亮介さんは「音楽とビールの相性がよく、最高の盛り上がりだった。たくさんの人においしいと言われ飲んでもらえたことがうれしい。今後のビール造りの励みにもなった」と笑顔を見せる。

 実行委員会代表の石川拓磨さんは「昨年に続き、多くの方に来場いただいた。『音楽×地ビール』のコンセプトは好評で、来場のきっかけになった。来年も『音楽×○○』のコンセプトを継続し、区民に広く認知されるイベントにしていきたい」と意気込む。

葛経ラジオ
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース