天気予報

19

17

みん経トピックス

亀有で100円すし食べ放題柴又で銭湯もりあげライブ

次世代ベーゴマ「ベイブレードバースト」、無料ゲーム筐体が稼動

次世代ベーゴマ「ベイブレードバースト」、無料ゲーム筐体が稼動

ベイターミナルの筐体

写真を拡大 地図を拡大

 タカラトミー(葛飾区立石7)は1月30日より、次世代ベーゴマ「ベイブレードバースト」の店頭用無料ゲーム筐体(きょうたい)「ベイターミナル」を、全国の玩具専門店ほか、各地で順次稼働する。

自分のベイ(レイヤー)を筐体に読み込ませる

 「ベイブレード」は日本の伝統玩具である「ベーゴマ」を現代風にアレンジした対戦玩具。「ベイブレードバースト」は初代のベイブレード(1999年)から数えて第3世代の玩具となり、スマホアプリとの連動や、相手を破壊する「バーストギミック」の搭載が大きな特徴となる。

 ベイターミナルはガチャマシン付属のゲーム筐体で、NFCチップを搭載したレイヤー(最上部パーツ)を筐体に読み込ませることで1日1回、ゲームを無料でプレーできる。ゲームで大当たりすると付属するガチャを回し、レアパーツを手に入れることも。

 同機が初出展された次世代WHF(ワールドホビーフェア)の会場では、筐体に読み込ませた自身のベイが大画面に登場し、バーチャルなバトルを繰り広げるという仕組みに、子どもたちが飛び跳ねて喜ぶ姿も見られた。

 広報を担当する山下由衣さんは、ベイターミナルが無料で遊べる理由について「今の子どもたちにもっとおもちゃ屋さんに来てもらいたいから」と話す。自分だけのベイブレードを持って玩具店に行き、「勝った負けたの体験を他の子どもたちと共有してほしい」と、子どもたちの社交場としての「おもちゃ屋さんの在り方」を願う。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ご当地ヒーロー「ゼロング」と自作衣装のアンパンマンとくまモンが会場を盛り上げる葛飾産院フェスタ イベントで地域と赤十字をつなぐ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング